チャクラについて~第七チャクラ~

以前、チャクラについて説明をしていますが、
一つ一つ掘り下げて説明を行って行きます。

チャクラについてはこちらの記事をご確認ください。
⇒チャクラとは?

 

第七チャクラは、頭頂部に位置する「紫色」で表されるチャクラです。

 

位 置  :頭頂部
主要テーマ:霊性、自己を超越する、無欲
キーワード:意識の拡大、無欲、自己実現、悟り
対応周波数:963Hz

 

第一チャクラが生存に関わるチャクラ
第二チャクラは人生を創造し、ステップアップ出来るようになるものであったのに対し、
第三チャクラは莫大なエネルギーを貯蔵し、心と感情をつなぐ重要な接点になっています。
第四チャクラでは、7つのチャクラの真ん中のチャクラで、精神的には愛を、身体的には心臓に対応しており、
第五チャクラは、目的を持って考え語る事で、責任を伴った自己表現をするという、コミュニケーションのあり方を示しています。
第六チャクラであるサードアイは、直観や叡智、現実世界と見えない世界のゲートの役割を持ち、第六感などサイキック能力に関わりのあるといわれます。
第七チャクラは霊性や意識の拡大、悟りなどの進化成長に関わりの強いチャクラです。

 

身体にある主要なチャクラはこの7つで形成されています。

 

 

「霊性を高め意識を拡大する事で、今までの自分を越えて行きたい」など、
より一層の進化成長を望むのであれば、クラウンチャクラを開き活性化させることは重要です。

 

第七チャクラを活性化させることで、松果体にも多く対応しており

・睡眠や生体リズムの調節作用
・抗酸化作用
・ホルモンバランスの改善
・性腺抑制作用

など、メラトニンの分泌が促され、その効果を得る事が出来ます。

 

チャクラは、開いていれば何でも良いのではなく、
他のチャクラとのバランスが重要です。
開きすぎている、滞っているなどバランスが崩れていると、様々な問題が生じてしまいます。

 

【第七チャクラが開きすぎている場合】
躁鬱状態、フラストレーション、実力を出し切っていないと感じる

【第七チャクラが滞っている場合】
慢性疲労、決断できない、自分の居場所が無い

【第七チャクラが整っている場合】
魅力的な人柄、偉業を行う、超越的

 

チャクラは癒されていないとその機能を発揮出来ず、いびつになったり閉じてしまいます。
その状態ではいくら強化しようとしても、望む効果は得られません。

 

第七チャクラは7つのチャクラのうち一番上のチャクラであり、
肉体的・精神的にも進化成長を促す重要なチャクラです。

 

覚醒をしていくためには、第一チャクラから第六チャクラまでしっかりと開き、
バランスを整えて第七チャクラを開いていく事が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です