瞑想を続けて悪いシンクロが起き続ける人へ

会員様から多く頂く問合せの中で、よく頂く内容です。

瞑想を続けていて、一時的に良いことが起こったけど
だんだんと悪いシンクロばかり連鎖して、良くないことが続いています。

という内容です。

 

実際にけい先生に聞いてみたところ
「それは、なって当然!」という回答でした。

 

シンクロとは魂の声です。

 

良いシンクロも、悪いシンクロも
自分自身の魂の声に気付くことができずに

気付かないのか?気づきたくないのか?

これさえも考えられない状態が続いってしまうと…

今まで小さなアンラッキーのような悪いシンクロが
事故なのか、病気なのか、大切な人の死なのか…
何かは分かりませんが、やがてとんでもなく大きなシンクロに変わってしまいます。

 

人は大きい出来事に直面すると目の前の出来事にフォーカスして

「なんで私ばかり?今までの不運も我慢してきたのに…頑張ってきたのに…」

と感じてしまいがちです。

 

しかし、そもそもこの考え方が大きな間違いなのです。

頑張るところではなく、自分の内側を知るところなのです。
魂の声に気がつかず、”我慢”と捉えていることが問題です。

 

自分が気づかないから大きな問題として、波動調整がかかっただけで
何のために大きい出来事が起きたのかを問う。問うために起きていることを知りましょう。

 

 

今持っている、観念・信念・価値観をいい加減やめなさい。
魂は望んでいないですよ。だからこういう事ばかり起きているんですよ。

 

という、魂の声に耳を傾けてみてください。

 

内側に向き合い、瞑想で解いていくと自然と問題が現れなくなる。
内側からなくなるので、お知らせする必要がなくなるからです。

 

この世は、わかればわかるほど変わるシステムと、けい先生は言います。

 

もし、瞑想でネガティブな現実が起きていると感じる人は
まず、自分自身に向き合ってみてください。

 

もし、やり方が分からなくて困っている方は
ZOOM瞑想会にご参加頂ければ、瞑想を通じて解決が出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です