瞑想講師/益田啓子(ますだ けいこ)

【出身地】東京都

【開催エリア】東京を中心に活動

<プロフィール>
量子瞑想セミナーやZOOM遠隔瞑想会で講師をさせていただきます、ますだけいこです。

私は今も現役のボディセラピストです。
セラピスト歴は17年、独立して10年目になります。

家庭環境が悪く、壮絶な幼少期を過ごした小さい頃の私の夢は精神科医になる事でした。その夢は叶いませんでしたが、大人になり飲食業を生業とする中で、お客様にもっと寄り添ったコミュニケーションを提供したいとの思いから心理カウンセリングを学ぶことに。ですが、いざ通いだすと幼少期の精神科医の夢が思い起こされ、医療カウンセラーへの道を目指すこととなりました。

2002年に大阪の、とある精神科に研修に行きましたが、そこには医療の大きな壁があり、この業界では患者さんに自分が目指すケアができないと感じていました。その頃、学会でラベンダーの精油を用いたマッサージをする事で鬱の症状を緩和した症例の記事を読み、これなら精油を使いボディケアをすることで精神疾患の方のみならず未病にも対処できるのではないかと思い迷わずセラピストに転身。ドクター直営サロンに勤務する事に。

ボディを扱うことにはなりましたが、私が見ているのは常に心の部分。肉体と心がどれだけ調和が取れているかを見続けてきました。ですが、セラピストとして仕事を続ける中で、身体は肉体と心だけではないことに改めて気づき、どうにもこうにも人の身体はエネルギーを発している事に気づいていくことになったのです。

 

なぜ見えないものが身体に作用しているの?
なぜ感情でエネルギーが動くの?
この人の身体から聴こえるこの声はなに?
私がいま感じている、見えているこれは一体なに?

後にそれはエネルギーや波動だと分かるのですが、当時はそれをどう捉えていいのか、どう説明していいのかも誰に聞いたらいいのかさえも分からず、休みを全て返上して学びの時間に費やしていきました。そして、あらゆる事の全貌が見えてきた時、最後まで正直どこか踏み込みたくなかったスピリチュアルの学びを2018年2月から始めることとなりました。ですが、そこで出会った瞑想が私の人生を変える事になったのです。

瞑想でエネルギーを使いこなす事で脚の靭帯の損傷をたった2時間で治したり、深いトランス状態に入り目を開けた状態でも幾何学模様が可視化されるようになったり、強烈なビジョンやご神託を受け、思い切ってそのままに行動するとまるでビジョンそのままのことが現実化されたり。

こうなったらいいな、が全て目の前に現れはじめ、瞑想をすることで、驚くくらい現実が変わり始めたのです。

今こうして開眼の講師になったのも、2018年の8月中旬に見たビジョンそのものなのです。実際に、当時のこのビジョンについてはすでに70人程の人の前で話しています。

また、2019年6月9日からは宇宙からのガイドサポートが入り、宇宙存在達とコンタクトしながら瞑想をテクノロジーとして運用し、エネルギーを使いこなす事で現実を最適化する術が身につき、この地球で伝え広めていく役割を担当するに至り、今こうして開眼第2フェーズの講師として皆さまとお目にかかることとなりました。

瞑想は技術です。
自分の内側にアクセスすればするほど、その波動の世界を感受できるようになります。また、現実を変えるには見えない世界のプログラミングを変える必要があるのです。量子瞑想セミナーでは、その辺りの瞑想の技術を余すところなくお伝えしたいと思います。

皆さまとお逢いできますのを、心から楽しみにしております。